【知っておきたい大人顔メイクのコツ】

バランスの良さが美を形成します♪

童顔にお悩みではありませんか?

 

イマドキのモテ顔といえば、ほんのり大人っぽい甘顔。

 

童顔だと甘くなり過ぎ、子供っぽくなり過ぎてしまうんですよね。

 

実は“大人っぽい顔”“子供っぽい顔”を分けるポイントは目のバランスにあるんだそうです。

 

目が中央に寄り気味だと童顔、目が離れていると比較的大人顔になりやすいのだとか。

 

右目頭〜左目頭までの幅と目尻から顔の外側までの幅を比較した時にどちらの幅が広いかで、より目気味なのか離れ目気味なのかが判別できます。

 

童顔の人が大人顔メイクに挑戦したい場合には、目尻に重点を置いたメイクを心がけましょう。

 

目尻に長めのアイラインを引くなど、目尻を強調することで寄り目がちな目がやや離れた印象になりメイク前よりも大人っぽい印象に見えるようになります。

 

逆に元々離れ目の人は目尻を強調しすぎないように注意が必要。

 

最近ではキャットアイメイクなどの目尻を強調するメイクが人気ですが、元々離れ目の人が目尻を強調し過ぎると違和感のある魚顔になってしまいがち!

 

美しさはいつだってバランスの良さにかかっています。

 

まずは自分の顔のタイプを見極め、自分に合ったメイク方法を選びましょう。